As the largest uniform expanse of the body, "the back" is evisence on one's own history of physical development.
Yet, with our own eyes we can not gaze upon it, and so it remains unfamiliar.
To photoglaph it, to look at it, is to engage in the act of identification it into a plane of new meningful space.

 

自らの「背中」は、視界に入ることはない。それは見えないが故に、通常の意識の外にはみだした身体の一部ということができる。
写真を介入させることで、傷やほくろ等の持つ個人的情報が、想像とは異なるものとなり、「背中」とは別のイメージとして鑑賞者の前に現れる。