Takashi Suzuki | Statement

 


works
statement
biography
contact
 
 
 

Even if photographic images exist as a method for interpreting the world, I believe those images are different from what we sees.
I am interested in how the photographic image is perceived, than what the photographic subject actually is, and also in what changes the photographed information.

  写真の表すイメージが、世界を理解する一手段として存在するとしても、写真のイメージは私たちが見る世界とは違うものを表していると思っています。
私は何が写っているのかということよりも、写真となったイメージはどのように知覚されるのか、また、そこに写されたイメージが見る人によってどう変化するのか、ということの方に興味があります。

 
(C) Takashi Suzuki,all rights reserved